2008年7月4日金曜日

大きくなったら...

絵を描くことが大好きで
あっという間にお絵かきちょうを
いっぱいにしてしまう娘。

この日は久しぶりに実家に行き、
父に遊んでいてもらいました。
父は知り合いの骨董屋さんから
もらったという中国の掛け軸のような
畳4帖分くらいある鳥の子という
上質紙を半分に切って
絵の具で自由に絵を描かせてくれていました。
(裏には雪舟のような水墨画
が画かれていました。もちろん贋作。)
鳥の子紙は水彩で描きやすく
にじまず、すぐ乾くという優れもの!

私が母とお茶をしている間じゅう
娘は夢中でどんどん描き続けます....
大きな大きな紙いっぱいに
好きな物を好きなだけ描いてゆきます。
小さい頃から父のアトリエで遊んでいた娘は
これは娘は大きくなったら父のような
絵描きに!?なるのかも?

一休みしている娘に
「大きくなったら何になりたい?」と
私と母が聞きくと、
しばらくじっくり考えた娘は
「わさびを食べられる人!」

ずるっ。一同大笑い!

食いしん坊の娘が唯一食べられないものがわさび。
タイカレーだってショウガだって食べられる
娘にとってわさびは何とか克服したい一品。
大きくなったら、きっと食べられると思ったのでしょう。

あんまり私たちが笑うので....
何かおかしいな、と感じた娘は恥ずかしそうに
「やっぱり、ウインナー屋さん。。。」
 やっぱり一同大笑い!
ウインナーは娘の大好物なのです。
絵描きなんて親が勝手に思ったとお〜い夢の夢(笑)

この作品は寝室の天井に貼ると、
パリのオペラ座の天井のようになりました。
なんて...それは、言い過ぎですが、
ウインナー好きのなんちゃってシャガール画伯でした。

3 件のコメント:

hitsuji*co さんのコメント...

とっても上手でビックリ!写真で見るとちひろチックな色合いにも見えて、とっても素敵です^^。そういえば娘ちゃんの描いた絵見たこと無かったな~。この環境、絵本「ももいろのきりん」の世界みたいであこがれます。

mugibatake さんのコメント...

hitsuji*coさん
「ももいろのきりん」しらなかったなぁ..
是非見てみたいです。
今日きっと子供達は3階で天井の絵の
不思議な世界を見てくれていたはずです♪

mugibatake さんのコメント...

hitsuji*coさん
「ももいろのきりん」さっそくしとろんちゃん
が貸してくれて読みました。
描いたら、本モノになるかみ!!
子供でなくても夢見ちゃいますね♪